スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線路で拾ったのは、美しい少女だった。 『君に続く線路』

『君に続く線路』
著者:峰月皓    イラスト:―――    レーベル:メディアワークス文庫

君に続く線路 (メディアワークス文庫)


<あらすじ>

所田三郎は狭く暗いトンネルの中を、物言わぬ軌条に優しく触れながら、一人歩いていた。
やがて前方から、悲鳴のような汽笛が聞こえてくる。
待避用の穴に潜り込み、三郎は轟音を立てながら走る機関車をやり過ごす。
そしてトンネルへと立ち戻った彼が目にしたのは、線路に横たわる若い少女の姿だった―。

時は昭和初期。
線路を守る保線手として、二十年以上ひたむきに働いてきた純朴な男と、世間知らずの美しい少女が紡ぐ、ほのかなロマンス。




・設定         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ストーリー     ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・文章         ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・キャラクター   ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・ギャグ        ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2点


・シリアス      ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・表紙         ★★★☆☆☆☆☆☆☆  3点


・挿絵         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  無評価
(本文中に挿絵なし)





・総評         ★★★★☆☆☆☆☆  4点


四十男の恋、そして少女の恋。
立場のまったく違う2人の、淡い恋物語です。

まず、主人公が保線手という珍しい設定。
私もこの作品を読むまでどんな仕事か知りませんでした。

ヒロインは、世間知らずの金持ち令嬢。
世俗に疎かった少女は、物語が進むにつれ自身の無知と無力さを実感していきます。

主人公は、質実剛健。
仕事にすべてをかける姿には、ある種こどものようないじっぱりな部分も見られます。

物語の構成は、
現在→過去→現在。

メインは昭和期の話で、現在の話はそれを補う形です。
しかし、現在パートはほんのわずかで、やや蛇足かという気もしました。
(読後感という点においては、現在パートも役割を果たしています。)

情景描写は豊かで、イメージしやすく読みやすい。
昭和期の設定もよく作りこまれています。

けして派手ではないけれど、ほのかに香るさわやかさ。
一風変わった、"ボーイ"ミーツガール小説です。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒムロ

Author:ヒムロ
趣味はラノベを集めること。
積みラノベ消化が今の目標。

リンクフリーです。
一言ご連絡いただければこちらからもリンクいたします。

雑記などはこちら
ヒムロの鍵日記

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ライトノベル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
レーベル別
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。