スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想と隠された真実。 『幻想症候群』

『幻想症候群』
著者:西村悠    イラスト:鍋島テツヒロ    レーベル:一迅社文庫

幻想症候群 (一迅社文庫 に 2-1)


<あらすじ>

「幻想症候群」。
それは、ごく一部の人間のみに発症し、その深層心理にある願望や恐れが現実になる謎の現象。
秘められた幻想が現実になることで、少しずつ崩れゆく世界。
そして創造されていく美しい幻想世界。
人生の喜びと悲しみ、そして終わりと始まり。
あなたの真実は見つかりましたか。




・設定         ★★★★★★★★☆☆  8点


・ストーリー     ★★★★★★★★☆☆  8点


・文章         ★★★★★★★★☆☆  8点


・キャラクター   ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・ギャグ        ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2点


・シリアス      ★★★★★★★★★☆  9点


・表紙         ★★★★★★★★☆☆  8点


・挿絵         ★★★★★★★☆☆☆  7点






・総評         ★★★★★★★★☆☆  8点


4つの短編から成るSFファンタジー作品。
共通するのは「幻想症候群」という謎の症状。

短編のジャンルは様々です。

1編:「遥か遠くの夏」
→ 穏やかで、心温まるお話。

2編:「無限回帰エンドロール」
→ ゾクッとくるホラー調のお話。

3編:「『夏休みの終わり』」
→ 切なく胸打たれるお話。

4編:「一〇〇〇年の森」
→ はかなくもやさしいお話。

3編と4編は、かなりの秀作。

3編と4編だけなら、おそらく☆×10と評価していたでしょう。
1編、2編も面白いのですが、比べるとやや見劣りします。

読み始めた方は、必ず最後まで読んでほしい。

この作品の特徴としては、心理描写の上手さがあげられます。
主人公たちの感情が、あたかも自分のことのように染み渡っていきます。

セカイのはかなさ、切なさ、やさしさ、あたたかさ。
そして、素晴らしさ。

「大切なもの」がきっと見つかる、そんな作品です。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒムロ

Author:ヒムロ
趣味はラノベを集めること。
積みラノベ消化が今の目標。

リンクフリーです。
一言ご連絡いただければこちらからもリンクいたします。

雑記などはこちら
ヒムロの鍵日記

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ライトノベル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
レーベル別
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。