FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な映画青春ミステリ。 『[映]アムリタ』

『[映]アムリタ』
著者:野崎まど    イラスト:森井しづき    レーベル:メディアワークス文庫

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)


<あらすじ>

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。
その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。
最初はその天才という呼び名に半信半疑だったものの、二見は彼女のコンテを読み始めた直後にその魅力にとりつかれ、なんと二日以上もの間読み続けてしまう。
彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が二見を撮影へのめりこませていく。
そしてついに映画は完成するのだが―。
大の映研を舞台に描かれる、異色の青春ミステリ!




・設定         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ストーリー     ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・文章         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・キャラクター   ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ギャグ        ★★★☆☆☆☆☆☆☆  3点


・シリアス      ★★★★★★★★☆☆  8点


・表紙         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・挿絵         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  無評価
(本文中に挿絵なし)





・総評         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


第16回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”の受賞作品。

表紙に騙されました。
ストーリー展開にも騙されました。

もちろん、いい意味で、です。

前半はよくある感じの映画サークルを舞台にした青春モノ。
ですが途中から雲行きが怪しくなってきます。

そしてラストにはまさかの幕引き。
思わず「えっ!?」となりました。

こんなオチだと誰が予想できたでしょうか。
少なくとも私にはできませんでした。

この作品は評価の分かれる作品であろうと思います。
「天才」の描写に現実味がなかったり、トリックや設定に納得できなかったり。

ただ、引きつけられる何かを持つ作品であるのには間違いありません。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒムロ

Author:ヒムロ
趣味はラノベを集めること。
積みラノベ消化が今の目標。

リンクフリーです。
一言ご連絡いただければこちらからもリンクいたします。

雑記などはこちら
ヒムロの鍵日記

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ライトノベル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
レーベル別
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。