スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商人と狼娘の新感覚ファンタジー。 『狼と香辛料』

『狼と香辛料』
著者:支倉凍砂    イラスト:文倉十    レーベル:電撃文庫

狼と香辛料 (電撃文庫)


<あらすじ>

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。
少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。
「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」
老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。
しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。
そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。
近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂
。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。




・設定         ★★★★★★★★★☆  9点


・ストーリー     ★★★★★★★★★☆  9点


・文章         ★★★★★★★★☆☆  8点


・キャラクター   ★★★★★★★★★☆  9点


・ギャグ        ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・シリアス      ★★★★★★★★☆☆  8点


・表紙         ★★★★★★★☆☆☆  7点


・挿絵         ★★★★★★★☆☆☆  7点






・総評         ★★★★★★★★★☆  9点


舞台は中世ヨーロッパ風の世界。
商人ロレンスと、賢狼ホロの物語です。

魔王を倒すための冒険、
突如立ちはだかる超能力者、
魔法による派手な戦闘、
迫り来る世界の滅亡…。

そんなものは一切ありません。

店を持ちたいと願う主人公。
故郷に帰りたいと願う賢狼ホロ。
利の一致した2人のたびは、とある田舎の農村から始まります。

鍵となるのは「経済学」。
交易による利潤、貨幣取引に隠された儲け話。

○○学、と聞くと難しく思われるかもしれません。
しかし、丁寧な描写のおかげでその道にまったく縁がない私でもわかりやすい。

また、主人公とヒロインの掛け合いをはじめ、
登場人物たちの考え・感情に関する描写も上手いです。

ラノベには珍しい高度な心理戦は、物語に良いスパイスを効かせています。

もうひとつ特徴的なのは、キャラクター。

「わっち」、「ぬし」、「~してくりゃれ?」など、
ヒロイン:ホロの独特な口調。
そして可愛らしい仕草。

キャラ小説としてだけでも通用するクオリティです。

穏やかにシナリオが進む前半。
一転して、手に汗握る展開の後半。

一気に読めてしまう疾走感がこの作品にはあります。

序幕から終幕まで、とても綺麗にまとめられた作品。
おすすめの一冊です。







スポンサーサイト

死の香りただよう物語。 『死神と桜ドライブ』

『死神と桜ドライブ』
著者:有間カオル    イラスト:田上俊介    レーベル:メディアワークス文庫

死神と桜ドライブ (メディアワークス文庫)


<あらすじ>

地味なOL生活を送っていた美咲は、アイドルのようなルックスの若くお洒落な彼氏と付き合っている。
ようやく捕まえた愛しい彼のため、借金の連帯保証人にまでなっていた。
だがある日、彼に引き合わされのは、ヤクザな男たち。
まんまと騙され、美咲は風俗に売り飛ばされることになる。
自暴自棄になった彼女は、走ってきた車に思わず身を投げるのだが―。




・設定         ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・ストーリー     ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・文章         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・キャラクター   ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・ギャグ        ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2点


・シリアス      ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・表紙         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・挿絵         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  無評価
(本文中に挿絵なし)





・総評         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


遺体ブローカーをテーマとした珍しい作品。

主人公は、恋人に騙され絶望の淵に立っていました。
車に身を投げ出し死のうとしていたときに出会ったのはブローカーの男たち。

主人公は、成り行きで彼らの仕事を手伝うこととなります。

読んでいて、面白い設定だと感じました。
普段の生活では見ることのできない裏の世界がリアルに描かれています。

裏づけもしっかりされており、説得力のある理論が展開されます。

ただ、ひとつ残念なのは要素を詰め込みすぎた幹事があること。

遺体ブローカーたちにファンタジーのような能力が備わっている。
また、その能力についても深く言及されておらず、謎が残る形に。

現実味をおびた話なだけに、キャラがやや浮いてしまっています。
続編で出て謎が明かされれば、この問題は解決するのでしょうが……。

余韻を残す形となっているので、判断・推理は読者にゆだねられています。

「死」というもの、またそのとらえ方。
いろいろと考えさせられる作品でした。





幻想と隠された真実。 『幻想症候群』

『幻想症候群』
著者:西村悠    イラスト:鍋島テツヒロ    レーベル:一迅社文庫

幻想症候群 (一迅社文庫 に 2-1)


<あらすじ>

「幻想症候群」。
それは、ごく一部の人間のみに発症し、その深層心理にある願望や恐れが現実になる謎の現象。
秘められた幻想が現実になることで、少しずつ崩れゆく世界。
そして創造されていく美しい幻想世界。
人生の喜びと悲しみ、そして終わりと始まり。
あなたの真実は見つかりましたか。




・設定         ★★★★★★★★☆☆  8点


・ストーリー     ★★★★★★★★☆☆  8点


・文章         ★★★★★★★★☆☆  8点


・キャラクター   ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・ギャグ        ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2点


・シリアス      ★★★★★★★★★☆  9点


・表紙         ★★★★★★★★☆☆  8点


・挿絵         ★★★★★★★☆☆☆  7点






・総評         ★★★★★★★★☆☆  8点


4つの短編から成るSFファンタジー作品。
共通するのは「幻想症候群」という謎の症状。

短編のジャンルは様々です。

1編:「遥か遠くの夏」
→ 穏やかで、心温まるお話。

2編:「無限回帰エンドロール」
→ ゾクッとくるホラー調のお話。

3編:「『夏休みの終わり』」
→ 切なく胸打たれるお話。

4編:「一〇〇〇年の森」
→ はかなくもやさしいお話。

3編と4編は、かなりの秀作。

3編と4編だけなら、おそらく☆×10と評価していたでしょう。
1編、2編も面白いのですが、比べるとやや見劣りします。

読み始めた方は、必ず最後まで読んでほしい。

この作品の特徴としては、心理描写の上手さがあげられます。
主人公たちの感情が、あたかも自分のことのように染み渡っていきます。

セカイのはかなさ、切なさ、やさしさ、あたたかさ。
そして、素晴らしさ。

「大切なもの」がきっと見つかる、そんな作品です。







線路で拾ったのは、美しい少女だった。 『君に続く線路』

『君に続く線路』
著者:峰月皓    イラスト:―――    レーベル:メディアワークス文庫

君に続く線路 (メディアワークス文庫)


<あらすじ>

所田三郎は狭く暗いトンネルの中を、物言わぬ軌条に優しく触れながら、一人歩いていた。
やがて前方から、悲鳴のような汽笛が聞こえてくる。
待避用の穴に潜り込み、三郎は轟音を立てながら走る機関車をやり過ごす。
そしてトンネルへと立ち戻った彼が目にしたのは、線路に横たわる若い少女の姿だった―。

時は昭和初期。
線路を守る保線手として、二十年以上ひたむきに働いてきた純朴な男と、世間知らずの美しい少女が紡ぐ、ほのかなロマンス。




・設定         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ストーリー     ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・文章         ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・キャラクター   ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・ギャグ        ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2点


・シリアス      ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・表紙         ★★★☆☆☆☆☆☆☆  3点


・挿絵         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  無評価
(本文中に挿絵なし)





・総評         ★★★★☆☆☆☆☆  4点


四十男の恋、そして少女の恋。
立場のまったく違う2人の、淡い恋物語です。

まず、主人公が保線手という珍しい設定。
私もこの作品を読むまでどんな仕事か知りませんでした。

ヒロインは、世間知らずの金持ち令嬢。
世俗に疎かった少女は、物語が進むにつれ自身の無知と無力さを実感していきます。

主人公は、質実剛健。
仕事にすべてをかける姿には、ある種こどものようないじっぱりな部分も見られます。

物語の構成は、
現在→過去→現在。

メインは昭和期の話で、現在の話はそれを補う形です。
しかし、現在パートはほんのわずかで、やや蛇足かという気もしました。
(読後感という点においては、現在パートも役割を果たしています。)

情景描写は豊かで、イメージしやすく読みやすい。
昭和期の設定もよく作りこまれています。

けして派手ではないけれど、ほのかに香るさわやかさ。
一風変わった、"ボーイ"ミーツガール小説です。






不思議な映画青春ミステリ。 『[映]アムリタ』

『[映]アムリタ』
著者:野崎まど    イラスト:森井しづき    レーベル:メディアワークス文庫

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)


<あらすじ>

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。
その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。
最初はその天才という呼び名に半信半疑だったものの、二見は彼女のコンテを読み始めた直後にその魅力にとりつかれ、なんと二日以上もの間読み続けてしまう。
彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が二見を撮影へのめりこませていく。
そしてついに映画は完成するのだが―。
大の映研を舞台に描かれる、異色の青春ミステリ!




・設定         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ストーリー     ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・文章         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・キャラクター   ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ギャグ        ★★★☆☆☆☆☆☆☆  3点


・シリアス      ★★★★★★★★☆☆  8点


・表紙         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・挿絵         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  無評価
(本文中に挿絵なし)





・総評         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


第16回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”の受賞作品。

表紙に騙されました。
ストーリー展開にも騙されました。

もちろん、いい意味で、です。

前半はよくある感じの映画サークルを舞台にした青春モノ。
ですが途中から雲行きが怪しくなってきます。

そしてラストにはまさかの幕引き。
思わず「えっ!?」となりました。

こんなオチだと誰が予想できたでしょうか。
少なくとも私にはできませんでした。

この作品は評価の分かれる作品であろうと思います。
「天才」の描写に現実味がなかったり、トリックや設定に納得できなかったり。

ただ、引きつけられる何かを持つ作品であるのには間違いありません。





プロフィール

ヒムロ

Author:ヒムロ
趣味はラノベを集めること。
積みラノベ消化が今の目標。

リンクフリーです。
一言ご連絡いただければこちらからもリンクいたします。

雑記などはこちら
ヒムロの鍵日記

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ライトノベル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
レーベル別
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。