スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商人と狼娘の新感覚ファンタジー。 『狼と香辛料』

『狼と香辛料』
著者:支倉凍砂    イラスト:文倉十    レーベル:電撃文庫

狼と香辛料 (電撃文庫)


<あらすじ>

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。
少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。
「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」
老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。
しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。
そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。
近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂
。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。




・設定         ★★★★★★★★★☆  9点


・ストーリー     ★★★★★★★★★☆  9点


・文章         ★★★★★★★★☆☆  8点


・キャラクター   ★★★★★★★★★☆  9点


・ギャグ        ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・シリアス      ★★★★★★★★☆☆  8点


・表紙         ★★★★★★★☆☆☆  7点


・挿絵         ★★★★★★★☆☆☆  7点






・総評         ★★★★★★★★★☆  9点


舞台は中世ヨーロッパ風の世界。
商人ロレンスと、賢狼ホロの物語です。

魔王を倒すための冒険、
突如立ちはだかる超能力者、
魔法による派手な戦闘、
迫り来る世界の滅亡…。

そんなものは一切ありません。

店を持ちたいと願う主人公。
故郷に帰りたいと願う賢狼ホロ。
利の一致した2人のたびは、とある田舎の農村から始まります。

鍵となるのは「経済学」。
交易による利潤、貨幣取引に隠された儲け話。

○○学、と聞くと難しく思われるかもしれません。
しかし、丁寧な描写のおかげでその道にまったく縁がない私でもわかりやすい。

また、主人公とヒロインの掛け合いをはじめ、
登場人物たちの考え・感情に関する描写も上手いです。

ラノベには珍しい高度な心理戦は、物語に良いスパイスを効かせています。

もうひとつ特徴的なのは、キャラクター。

「わっち」、「ぬし」、「~してくりゃれ?」など、
ヒロイン:ホロの独特な口調。
そして可愛らしい仕草。

キャラ小説としてだけでも通用するクオリティです。

穏やかにシナリオが進む前半。
一転して、手に汗握る展開の後半。

一気に読めてしまう疾走感がこの作品にはあります。

序幕から終幕まで、とても綺麗にまとめられた作品。
おすすめの一冊です。







スポンサーサイト

廃れゆくセカイを巡る旅。 『旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。』

『旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。』
著者:萬屋直人    イラスト:方密    レーベル:電撃文庫

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)


<あらすじ>

世界は穏やかに滅びつつあった。
「喪失症」が蔓延し、次々と人間がいなくなっていったのだ。
人々は名前を失い、色彩を失い、やがて存在自体を喪失していく…。
そんな世界を一台のスーパーカブが走っていた。乗っているのは少年と少女。
他の人たちと同様に「喪失症」に罹った彼らは、学校も家も捨てて旅に出た。
目指すのは、世界の果て。辿り着くのかわからない。
でも旅をやめようとは思わない。
いつか互いが消えてしまう日が来たとしても、後悔したくないから。
記録と記憶を失った世界で、一冊の日記帳とともに旅する少年と少女の物語。




・設定         ★★★★★★★★☆☆  8点


・ストーリー     ★★★★★★★★★★  10点


・文章         ★★★★★★★☆☆☆  7点


・キャラクター   ★★★★★★★★☆☆  8点


・ギャグ        ★★★★★★★☆☆☆  7点


・シリアス      ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・表紙         ★★★★★★★★☆☆  8点


・挿絵         ★★★★★★★★★☆  9点






・総評         ★★★★★★★★★★  10点


今まで読んだラノベの中でも3本の指に入る素晴らしい作品。

原因不明の「喪失症」によりゆっくりと滅んでいく世界をバイクで旅する、少年と少女のお話です。

2人の主人公も、存在が消えていく「喪失症」を発症しています。
いずれ消えゆく存在は、何を求め何を望むのか。

2人が選んだ道は、すべてを捨てて旅に出ることでした。

この小説で特徴的なのは固有名詞が登場しないところ。
2人の主人公はお互いを「少年」、「少女」と呼び合い、町や人に名前が存在しません。

それでも物語にまったく支障をきたしていない。
むしろ、そこから生まれるはかなげでふわふわしたものを作品へと取り入れています。

「滅び」、そして「消失」
暗いテーマですが、はつらつとした少年少女のおかげで明るい印象が感じられます。

クリアでさわやかな読後感もこの作品の売りのひとつです。

旅の過程で出会う幾人もの人々。
人の優しさや思いやりに、読んだあとは心があたたかくなります。

イラストも作風にぴったり。
文章にあらわれたやわらかい情景を、透明感あるタッチで描いています。

数年前の作品ですが、2巻の情報が出ていたり出ていなかったり。
ここまで続編を切望する作品はありません。

切なくて、楽しくて、あたたかくて、ほんのり寂しい。

文句なしの殿堂入り作品。

おすすめの一冊です。






少女と鯨とノスタルジー 『海をみあげて』

『海をみあげて』
著者:日比生典成    イラスト:尾谷おさむ    レーベル:電撃文庫

海をみあげて (電撃文庫)


<あらすじ>

鯨が空を飛んでいるちょっと不思議なこの町で今日も真琴は元気です。
部活も三年生は引退で大好きだった剣道もしばらくお休み。
あまり実感のわかない受験も憂鬱だけど、気にしない気にしない!
お節介でまっすぐな彼女は何にでも首を突っ込みます。
クラスメイトの洋助はそんな彼女に対して冷やかです。
「クールでかっこいいってみんな言うけど、ただ冷たいだけなんじゃないの(真琴評)」
と言われていた洋助も、いつのまにか彼女のペースに引き込まれ…。
また二人で厄介事を引き受けてしまうのです。
ちょっとノスタルジックな普通の少女と少年の物語。





・設定         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・ストーリー     ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・文章         ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・キャラクター   ★★★★★☆☆☆☆☆  5点


・ギャグ要素    ★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2点


・シリアス要素  ★★★☆☆☆☆☆☆☆  3点


・表紙         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点


・挿絵         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  無評価
(本文中に挿絵なし)





・総評         ★★★★☆☆☆☆☆☆
  4点

「ノスタルジック」というワードにひかれて買ったこの作品。
震災からの復興、そして突如現れるようになった空に浮かぶ鯨が本作のテーマです。

雰囲気はいろいろな方が言われてるようにジブリに近いです。
展開も王道を忠実に再現、言い換えれば少しものたりない。

中学生の淡い恋模様、そして青春。

心がほんのり温かくなるお話でした。






あなたもロリに目覚める!? 『ロウきゅーぶ!』

『ロウきゅーぶ!』   蒼山サグ

ロウきゅーぶ! (電撃文庫)


<あらすじ>

七芝高校に入学した長谷川昴は男子バスケ部に入部するが、
部長のロリコン疑惑がきっかけで部活動停止の目にあってしまう。
行き場をなくし、日々所在なく過ごしていた昴だったが、
叔母の強引な誘いから小学校の女子バスケ部の臨時コーチを引き受けることになった。
女子小学生たちを相手に慣れぬ環境に戸惑う昴だったが、
彼女たちが抱える事情を知り、それぞれの想いを守るために積極的に活動を進めていく。




・ギャグ要素   ★★★☆☆

おもいっきり笑えるという箇所は少ないですが、細かな笑いがちりばめられています
読んでいる最中は色々な意味でニヤニヤが止まりませんw


・シリアス要素  ★★★☆☆

内容の構成上、本の終盤は緊迫した展開が続きます
……が、そこまでシリアスってわけでもないのですらすら読める感じです

・読みやすさ   ★★★★☆

一部説明が続く箇所がありますが特に気にはなりませんでした
テンポがよく、読みやすいです

・イラスト     ★★★★★

文句なしの五ツ星です
てぃんくるさんの華麗かつ繊細なイラストのおかげでキャラにどっぷりはまれます

・雰囲気   ★★★★☆

ドタバタでもないゆったりでもない…
どう表現していいか分かりませんが、バスケがしたくなる感じです(笑



・総評       ★★★★★★★★☆☆

第15回電撃小説大賞で銀賞に輝いた今作
「素晴らしい!」の一言に尽きます

表紙買いだったのですが予想をはるかに上回る面白さでした
素直に続きが気になる一冊

ヒロインは小学生がほとんどです
てぃんくるさんのイラストと作者の絶妙な表現でロリが強調され……
この本を読んでロリコンになった人がいるかもwってくらいです

表紙に惹かれた方、内容に惹かれた方どちらにもぜひ読んでもらいたいです






プロフィール

ヒムロ

Author:ヒムロ
趣味はラノベを集めること。
積みラノベ消化が今の目標。

リンクフリーです。
一言ご連絡いただければこちらからもリンクいたします。

雑記などはこちら
ヒムロの鍵日記

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ライトノベル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
レーベル別
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。