スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘く切ない、恋の物語。 『恋の話を、しようか』

『恋の話を、しようか』
著者:三上康明    イラスト:オトウフ    レーベル:ガガガ文庫

恋の話を、しようか (ガガガ文庫)


<あらすじ>


地方都市の冬。
高校生の桧山ミツルは、予備校で顔も知らない三人の生徒たちと同じ部屋になり―テスト中に停電が起きた。
なんでもない、一度きりの偶然のトラブルをきっかけに四人は出逢い、惹かれあっていく。
見上げれば灰色の空から雪…。
クリスマスイブの夜、神野若葉は言った。
「信じていたら、奇跡は起きるんじゃないかって…でもそれを信じていなかったら、もし起きたとしてもそれは…偶然。たった一度だけの悲しい偶然」。
一生懸命未来に悩み、精一杯恋をする、十七歳。
ノスタルジックな純愛ストーリー。





・設定         ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・ストーリー     ★★★★★★★★☆☆  8点


・文章         ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・キャラクター   ★★★★★★★☆☆☆  7点


・ギャグ        ★★★☆☆☆☆☆☆☆  3点


・シリアス      ★★★★★★☆☆☆☆  6点


・表紙         ★★★★★★★★☆☆  8点


・挿絵         ★★★★☆☆☆☆☆☆  4点






・総評         ★★★★★★★☆☆☆  7点


面白い。
魅力的なキャラとさわやかな読後感。
純粋に物語に引き込まれていきました。

気になる人への想い、将来への不安。
切なくて、甘酸っぱい、そんな青春小説です。

いくつかの偶然が重なり出会う4人。
仲が深まるとともに生まれる、想いの交錯。

キャッチコピーは
「甘く、苦しく、クセになりそうな恋の予感。」

未来に夢抱く中高生にも、過去を懐かしむ大人にも読んでもらいたい作品。






スポンサーサイト

妖精さんとの不思議な日常 『人類は衰退しました』

『人類は衰退しました』   田中ロミオ

人類は衰退しました (ガガガ文庫)


<あらすじ>

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。
すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。
平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。
わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、
国際公務員の“調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。
祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なことだろうとこの職を選んだわたし。
さっそく妖精さんたちのもとへ挨拶に出向いたのですが……。




・ギャグ要素   ★★★★☆

クスッとした笑いであふれています
田中ロミオさん独特ののブラックユーモアにも富んでいます

・シリアス要素  ★☆☆☆☆

シリアスな要素は皆無といってもいいほどです
読むとほんわかした気持ちになります

・読みやすさ   ★★★★★

この点において言うことはありません
場面のイメージもわきやすいですし読みやすいです

・イラスト     ★★★★☆

作品との雰囲気がバッチリ合ってます
もうこの作品にはこの絵が欠かせないレベルです

・雰囲気      ★★★★★

ふわふわしていて、なおかつ優しい感じ
文明が衰退した地球でののんびりとした生活が感じられます



・総評       ★★★★★★★★☆☆

発売当初は敬遠していたんですが、友人が読んでいたのにつられて購入した今作品
もっと早く面白さに気づいていれば…orz

著者はPCゲームなどで有名な田中ロミオさん
このかたの作品に触れた事がある人にはぜひぜひ読んでもらいたいです

安らぎを求める人や、落ち着きたいときに手元にあると安心な一冊

自分もできるならこんな風にのんびりした生活が送りたいものです







プロフィール

ヒムロ

Author:ヒムロ
趣味はラノベを集めること。
積みラノベ消化が今の目標。

リンクフリーです。
一言ご連絡いただければこちらからもリンクいたします。

雑記などはこちら
ヒムロの鍵日記

カレンダー
02 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ライトノベル
最新記事
最新コメント
カテゴリ
レーベル別
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。